2015y10m11d_214504931お肌に存在する器官として、汗腺と並んで重要なものがあります。それは、毛です。毛も汗と同様、嫌われる存在のものでしょう。ですが、毛にも重要な働きがあります。

汗は体温の調節に重要な役割を果たしていることをお話ししました。毛もまた、同じように体温調整に非常に関わるものです。寒いとき、鳥肌が立ちますよね。

この鳥肌の正体は、立毛筋という毛を逆立てるための筋肉です。立毛筋が収縮することで毛が立ちます。毛が立つことで、空気を抱え込むような形になり、結果として保温機能になるのです。

また、毛は体を守ったり、お肌が傷つつくのを守る役割があります。お肌がむき出しになっていると、転んだときにダイレクトに怪我をします。毛が生えていることにより、毛がガードになって怪我を緩和させることができます。

また、体の器官で大事な部分にはたくさん毛が生えています。頭がそうですが、頭髪は脳を守るために生えているものです。日光を直接浴びたときのガード役になったり頭に何かがぶつかってきたときにクッションの役割になります。

頭髪がないと、日光の紫外線も何かがぶつかったときの衝撃もあからさまに脳に伝わってしまいます。毛が生えているだけで、最悪のダメージから守ることができるのです。審美上では非常に問題ある毛ですが、私たちの体を守るために必要不可欠な、重要なものなのです。あまり毛嫌いしてはいけませんね。

Comments are closed.

Post Navigation