2015y10m11d_214245998暑いときや、緊張したときなどにかく汗。この汗も、お肌に存在する器官から分泌されるものです。汗が分泌される器官とは、汗腺と呼ばれる腺です。

汗腺は、お肌の毛穴に存在する腺です。毛穴の中に存在し、自律神経によってコントロールされます。例えば、暑いとき、汗をかきますよね。体温が上がると、自律神経が作用して汗をかくように指令がでます。

汗をかくと、お肌全体に広がります。それが乾いていくことで、気化熱が奪われます。その結果、体温を下げることができるのです。

このようにして、私たちの体温はコントロールされています。その他にも、お肌のためになる汗のはたらきもあります。それは、汗をかくことで毛穴のお掃除をすることができると言うことです。汗は毛穴から分泌されますよね。汗をかくことで、毛穴に溜まった汚れを掃除することができるのです。

また、汗をかくと言うことは全身の血流が良くなると言うことです。体温が上がると汗をかくのと同時に、血管も広がり血流が促進されます。ということは、全身の代謝がよくなっていると言うこと。もちろんお顔のお肌の代謝も良くなるので、お肌のデトックスと、調子を高めることができるのです。

汗は、あまりお肌には関係ない存在に思えるかもしれません。ただお化粧を崩す原因となるものと考えていませんでしたでしょうか。そんな厄介なものでも、実はお肌の調子を高めるものでもあるのです。

 

Comments are closed.

Post Navigation